脱毛をしてはいけない体質

脱毛は一時的に肌に強い負荷をかける施術なので、基本的に肌の状態がよくないひとには向きません。肌が敏感になる生理中は脱毛施術を受け付けないサロンもあるくらいなのですから。

 

体質としてアトピーな人、光に過敏な人、色黒な人などは向きません。

 

アトピーは症状が出ている部位への脱毛施術は症状を悪化させるだけなので止めましょう。

 

症状が出ていない状態であれば、美容皮膚科など専門医に相談してからの施術をオススメします。

 

脱毛施術による肌への負荷がどういうカタチで作用するかわからないので、適切な処置と判断を下してくれる医療系脱毛の方が安心です。

 

次に紫外線などに弱い、光過敏症の人も光の照射による脱毛は止めておいた方がいいでしょう。一般の人よりも、光照射による負荷を受けやすいので、脱毛で多く用いられている光やレーザーによる脱毛施術は避けましょう。

 

色黒の人も光やレーザー脱毛は向きません。もともと光脱毛は白人用に開発された脱毛方法で、肌が黒いとその効果は薄れます。

 

しかも光の照射により、肌自体に熱がたまり(白色より黒色の方に熱がたまりやすい)、痛みが増す可能性が高いのです。

 

効果は低いし、痛みは強くなるしでは、光脱毛する意味がありませんね。これらの人はよく考えて、自分にあった脱毛方法を探してください。